“着ることで初めてデザインが完成する服”

ドレーピング(立体裁断)という高度技術を用いて、
着装時と同じ三次元状態から生み出される
HoochieCoochie(フーチー・クーチー)の服。
身体になじむ着心地と、上品かつ立体的なデザインは、
多様化する現代のライフシーンに溶け込み、
様々な場で活躍する女性の魅力をさらに引き立てます。

女性の身体は、複雑なカーブや凹凸により形成される立体であり、洋服に求められる役割は、変化するライフシーンに沿った動作機能やTPOを満たし、着心地とファッション性を合わせ持つことだと考えます。

そのためHoochie Coochieではドレーピング(立体裁断)という高度な手法をもって、洋服を生み出すことにこだわります。

シーズンやファッショントレンドに沿った生地に着想を得て、デザイナー自らボディ(人台)、もしくは人体上でハサミとピンで形を作っていきます。着装時と同じ三次元状態でデザインすることで身体になじむことを前提に、生地の特性を活かしたフォルム、素材の新たなコンビネーションをもった洋服が生まれ、美しく見えるバランス、適正なゆとりや丈感など、人の視覚を通して何度も何度も修正を重ねることで、納得のいく量感や着心地を実現しています。

スピードアップする社会、デジタル化する日常に合わせ、安く、大量の服をすぐに作ることが可能な現代になりました。しかし、私たちは手間と時間をかけても洋服本来の本質を見失わず、様々な場で活躍する女性の魅力をさらに引き立てるような洋服を作り続けたいと思っています。

“着ることで初めてデザインが完成する服”

ドレーピング(立体裁断)という高度技術を用いて、
着装時と同じ三次元状態から生み出される
HoochieCoochie(フーチー・クーチー)の服。
身体になじむ着心地と、上品かつ立体的なデザインは、
多様化する現代のライフシーンに溶け込み、
様々な場で活躍する女性の魅力をさらに引き立てます。

女性の身体は、複雑なカーブや凹凸により形成される立体であり、洋服に求められる役割は、変化するライフシーンに沿った動作機能やTPOを満たし、着心地とファッション性を合わせ持つことだと考えます。

そのためHoochie Coochieではドレーピング(立体裁断)という高度な手法をもって、洋服を生み出すことにこだわります。

シーズンやファッショントレンドに沿った生地に着想を得て、デザイナー自らボディ(人台)、もしくは人体上でハサミとピンで形を作っていきます。着装時と同じ三次元状態でデザインすることで身体になじむことを前提に、生地の特性を活かしたフォルム、素材の新たなコンビネーションをもった洋服が生まれ、美しく見えるバランス、適正なゆとりや丈感など、人の視覚を通して何度も何度も修正を重ねることで、納得のいく量感や着心地を実現しています。

スピードアップする社会、デジタル化する日常に合わせ、安く、大量の服をすぐに作ることが可能な現代になりました。しかし、私たちは手間と時間をかけても洋服本来の本質を見失わず、様々な場で活躍する女性の魅力をさらに引き立てるような洋服を作り続けたいと思っています。